人材会社が退職指南の場合、助成金支給せず

雇用の流動性だったり人材育成だったり失業のフォローとして、厚生労働省発信の助成金てけっこう種類があります。私も会社の人事担当だった時に、採用に係る助成金の申請をしました。ただ申請書の作成がたいへんで、採用後の教育課程の記載も苦労しました。零細企業でこれだけの労力をかけて書類を作るのは難しいのではと痛感。その点人材派遣会社だったら似たようなケースもいっぱい取り扱うから、取引先に指南して同じような書類をたくさん作れば簡単ですよね。厚生労働省もこういった事態を想定してから助成金を決めたらいいのにって思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください