異例の会見

女子テニスで活躍しているシャラポワ選手が全豪オープン期間中に受けたドーピング検査で陽性反応が出ており、処分が下る可能性があることが分かりました。本人による会見というのは私は初めて見ました。本当に気づいていなかったのなら、自己管理の責任がありプロとしては甘かったと思います。でも、シャラポワ選手は反省しており、復帰を願っているのでテニスへの愛情があると感じた会見でした。こういったドーピング問題が出るとファンが離れてしまいそうですが、それを跳ね返すプレーをしてほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください