息子を通じて感じるブルーライトの影響

パソコンやスマホから出る光が目を疲れさせたり、脳を興奮させたりすると、最近注意を呼びかけられているブルーライト。
良質な睡眠を得るためには、寝る直前にパソコンやスマホを見ない方がよいと言われます。
それを実証しているのかどうか分かりませんが、5歳の息子の眠りにある違いを発見しました。

パソコンで電車の動画を見るのが好きな息子は、寝る直前まで動画を見ていることがあります。
9時には布団の中に入りなさいと言う約束は守るのですが、そんな日に限ってゴロゴロしたり歌ったりしてなかなか寝付いてくれません。
パソコンを見ずに寝る時間を迎えた日は、「おやすみ」と言った途端、すぐに眠りに落ちているようなんです。
そして、パソコンを見た翌日は6時前に起きてしまうのに対し、パソコンを見なかった翌日は7時近くまで寝ていることが多いのです。

これがブルーライトの影響だとすると、なかなか興味深いですね。
寝る前のパソコンやスマホには、やはり賛成できないと私は思ってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です